若いのにシワが多いという人

シワが加齢によって増えていくのは仕方ありませんが、若いのにシワが多いという人も確かにいます。

どうしてシワができるのかというと、原因の一番大きなものとされているのが、乾燥です。

皮膚の水分が不足することで乾燥が進み、シワが発生して、増加することになります。

ところで目尻はシワの目立つ場所としても良く知られていますが、ここは皮脂の分泌量が少なく、他よりも乾燥に影響されやすいパーツであり、それで、この部分にいち早く小ジワが出現するという訳です。

また、加齢による自然な現象なのですが、皮膚の張りのための大事な構成成分・コラーゲンやヒアルロン酸がどんどん減っていく一方となるため、シワ、たるみは加齢によっても増えていくわけです。

若い頃には考えもしなかったようなシミが、30代半ば頃から顔や手の甲にちらほら見られるようになってしまいました。

元凶はあれしか考えられません。

無防備な日焼けのせいです。

幼い我が子と平日は二人で、休日は夫と共に近所の公園で太陽の下、思い切り遊びます。

早く出かけたい子供は自分の準備が終わるともう待てません。

ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。

まあいいかと若さゆえの根拠のない安心感でそのまま出かけてしまっていました。

でも、いくら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。

後悔先に立たずですから。

肌が薄いとされる人の場合、シワが作られやすいようになっているそうです。

もし、自分はシワができやすいかも、と疑っている人は肌の自己チェックをしてみましょう。

血管が青く透けて見えるような人は気を付けたいです。

なぜ皮膚が薄いことでシワができやすいという話になるのかというと皮膚に厚みがあると、そこに水分を充分溜めておけますが、そうでないと乾燥するのが早いので、肌のハリが失われて、そうすると肌がしぼみ、シワがよります。

そして年々、肌は薄くなっていくそうなので、肌の薄い自覚のある人は、日常的に肌の老化を防ぐ努力をした方が良いようです。

煎茶や玉露などの緑茶はカテキン豊富な食材です。

カテキンは、ビタミンCが酸化などで減少することを防ぎ、ビタミンCの効果をさらに高めてくれます。

活き活きした白い肌を保つためにビタミンCを欠かさず摂りたいので、ビタミンCとカテキンを同時に体内にとりこんでいけば、お肌の新陳代謝を活発にし、メラニン色素が沈着することを抑える効果を望めます。

この数年間、肌に刻み込まれつつあるしわについてとても気になり出して、対策に追われています。

内心特に何とかしたい気持ちでいっぱいなのは目尻に発生する笑いじわで、鳥の足跡みたいな形のしわです。

目の周りの皮膚は他より薄くて、しわが発生しやすいところなので、ここのケアは入念に行っているつもりではあります。

ですが、皮膚が薄い場所は、乾燥に気を使ってやらないといけませんから、クリームを塗り重ねることで、保湿にだけは手をかけるよう自分に言い聞かせています。

あなたはしわ取りテープについて聞いたことはおありでしょうか。

このテープを貼ると顔のしわが取れるというしわ取りテープは、少し前にテレビでコスメ関係に詳しいとされるとある芸能人に説明されていましたが、自身も愛用しているということで、なかなか熱心でした。

これはしわをのばしてテープを貼り、しわが取れるよう皮膚の矯正を行なう商品のようですが、これを貼ってる最中は引き締まった気がして、いい感じらしいのです。

でも、だからといって長い時間貼り続けているのは、肌に良いわけはなく、赤くなったり、かゆみが出たりすることもあるでしょう。

しわ取りテープでトラブル続出!なんてことになったら大変です。

正しい方法で使用しましょう。

紫外線を同じだけ浴びたとしても、それにより肌に出来るシミは人によってそれぞれ違いが見られます。

それはつまり、紫外線がシミになりやすい肌があるわけです。

具体的にお話ししますと、白くてきめの細かい肌質の事です。

見分け方についてですが、太陽の日差しで肌が焼けた時、赤くなってしまうタイプの人です。

美しい肌はそれだけ繊細なものです。

肌にシミができてしまう最大の原因といえば紫外線ですが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。

実例の一つと言われているのが、近年、テレビCMによって知名度を上げた「肝斑」です。

ホルモンバランスの乱れが引き起こすシミとして知られているのが、この肝斑になり、主に妊娠中、出産の後によく姿を現すことが判明しているのです。

また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、原因が紫外線のシミと比較して完治する可能性が低いでしょう。

日焼けした肌って、明るくて活動的な印象を相手に与えられるものですが、日焼けしたら、その後にシミができそうで不安と考える女性も多いでしょう。

もし、シミとは無縁でいたいなら、ほとんど日焼けをしない生活を目指してください。

シミ予防のポイントといえば、しっかりと日焼止めを塗ることです。

そして、帰宅したら速やかに専用のローションなどで炎症を軽減させる事が重要です。

近頃、肌の調子上がらなくてどうしたらいいかな、なんて鏡に向かって思うようになりましたら、毎日の食事の内容を変えてみるのがいいかもしれません。

毎日摂る食事を変えると、肌の状態がずいぶん変化していきます。

こうしてシワ、シミその他の肌トラブルも徐々に改善に向かうでしょう。

毎日食べる食物によって、私たちの身体は作られている、というのはシンプルな事実です。

ですから、食べる物を変えると身体も当然変化します。

身体を根本から変化させる可能性を持つこの方法は、地味ながら確実なアンチエイジングだといえるのかもしれません。

ビューティーオープナーによる口コミと効果でも生活の質を変えることで肌に影響を与えるこの方法は、効果はゆっくりながら必ず表れます。

 

 

カテゴリー: 日記 パーマリンク